チェンソーマン

チェンソーマン・早川アキの強さ・能力は?契約悪魔の狐や未来の悪魔についてまとめ

『チェンソーマン』の主要登場人物の一人、早川アキ。

今回は、早川アキの身体能力・戦闘能力について、アキが契約した悪魔の一覧をまとめていきます

※後半に重大なネタバレが含まれる為、原作未読の方はご注意ください。

 

【チェンソーマン】早川アキの強さ・戦闘能力について

 

アキは「最強のデビルハンター」である岸辺の訓練を受けています。

対魔2課のスパークリングに参加した際は、アキより一回り大きい相手を負かしており、周りからも一目置かれた存在です。

実際の戦闘では、悪魔の力を使わずに刀で挑み戦えるほどの素早さや剣術を持っていることがわかります。

この身体能力・戦闘能力は、後半「未来の悪魔」と契約してから特に発揮されることになります。

 

早川アキが契約した悪魔のまとめ一覧

早川アキが契約した悪魔を一覧にまとめ、1つずつ解説していきます。

デビルハンターによって契約している悪魔や、悪魔の数は変わります。

狐の悪魔 手を狐の形にして「コン」ということで呼び出すことができる。
呪いの悪魔 カースと呼ばれる悪魔。釘で3回打たれた相手を殺す。
未来の悪魔 未来を見ることができる悪魔。アキの右目に住む
???の悪魔(ネタバレ注意) 物語後半の鍵となる悪魔

 

狐の悪魔

一番最初に登場する狐の悪魔。手で狐の形を作り「コン」と言うことで召喚できます。

公安のデビルハンターは狐の悪魔と契約している者が多く、人によって手足のみ、頭と呼び出せる部位が変わります。

狐の悪魔は面食いなため、イケメンのデビルハンターのみが頭部を呼び出すことが可能

アキ以外にも、レゼ編に登場する対魔2課の副隊長が狐の頭を呼び出していて、チャラそうなイケメンでした。

狐はイケメンの髪の毛をもらうと喜ぶことから、アキと同様に髪を伸ばして結んでいます。

サムライソード編で狐の頭にサムライソードを食べさせたことをきっかけに、アキは狐の悪魔から嫌われてしまい呼び出すことができなくなりました。

 

呪いの悪魔

呼び出す度に寿命が縮むため、姫野からも使用を止められていた「呪いの悪魔」。

実際にその力を使用するのはサムライソード編です。

呪いの悪魔の力が宿った釘状の刀で「打て」という合図と共に、三度刺すと呪いの悪魔が現れて対象を呪い殺すという能力。

アキは呪いの悪魔を「カース」と呼んでいました。

寿命や指の感覚と引き換えにすることから代償が大きく、最終的にはアキの寿命が減り過ぎたため使えなくなりました。

対悪魔なら強いと思われる呪いの悪魔ですが、チート的な存在の悪魔でも人でもないチェンソーマンやサムライソードは血ですぐ復活できるため、呪いの悪魔の力はほぼ無力でした。

 

未来の悪魔

狐や呪いの悪魔を使えなくなったことから、新しく契約を結んだのが「未来の悪魔」です。

右目に住まわせるという契約で、少し後の未来が見えるようになります。

戦闘能力としては、相手の攻撃が先読みできるようになるだけなので、それ以外はアキ自身の身体能力にかかっています。

未来の悪魔は、アキの死に様が面白いと興味を持ち「右目に住む」という比較的やさしい対価のみでアキと契約しています。

しかし、右目に済んでいることでアキが望んだとき以外にも、未来の悪魔が面白いと感じたアキにとっては良くない未来を、勝手に見せて心理的ダメージを負わせることも度々あります。

この頃から、天使の悪魔が出した刀を使うようになり、その刀は悪魔など特別な物を切る力があります。

 

支配の悪魔

重要なネタバレに注意

銃の悪魔と戦うことになったアキは、「デンジとパワーだけは生きて幸せになってほしい」という想いから、更なる強さを求めてマキマに「どんな悪魔とどんな契約でもします…俺に力を貸してください」と言います。

その結果、マキマ(支配の悪魔)と契約を結ぶことになります。

それ以前から、マキマの能力で記憶を改ざんされていたアキ。

「契約するといいなさい」と命令されたことで、アキはマキマと契約をしてしまい、完全にマキマから支配される形になってしまいました

その後、マキマを殺すためにやってきた銃の悪魔と、支配の悪魔であるマキマが戦って銃の悪魔は敗北。

支配された銃の悪魔は、アキの体にのり移って、マキマの計画した銃人間となってしまいます。

 

まとめ

今回は、早川アキの強さ・戦闘能力と契約していた悪魔についてまとめました。

周りのデビルハンターから一目置かれる程の身体能力の持ち主です。

契約していた悪魔は、「狐の悪魔」「呪いの悪魔」「未来の悪魔」「支配の悪魔」です。

マキマ(支配の悪魔)と契約してしまったことをきっかけに、物語はアキが望んだ未来とは真逆の最悪の展開へと発展していきます……!

 

 

 

-チェンソーマン