不滅のあなたへ

不滅のあなたへのアニメがひどい?パクリ・打ち切り・つまらないと言われた理由は?

『不滅のあなたへ』は大今良時による大河ファンタジー漫画を原作に、NHKでアニメ化されています。

原作の連載は2022年5月時点でも続いており、漫画の前半部分がアニメになっています。

今回は、『不滅のあなたへ』のアニメがひどい・パクリ・打ち切り・つまらないなどと言われた理由をまとめます。

 

【不滅のあなたへ】アニメがひどいと言われる理由は?

原作のマンガを読んでいるけどアニメはまだ見ていない、これからアニメを見ようか悩んでいるという方のために、『不滅のあなたへ』のアニメの評判をまとめます。

原作があるアニメは、どうしても原作と比べられる傾向があり、その作品によって原作よりアニメの方がおもしろい場合もあれば、原作のほうが面白いと言われることも。

一番いいのは、原作もアニメもどちらの評判も良いことですが、『不滅のあなたへ』はどうでしょうか。

「不滅のあなたへ アニメ」で検索をすると、「ひどい」「つまらない」などネガティブキーワードで多く検索されていることが目に付きます。

おそらく、「アニメ化に期待していたが、実際に見てみたら期待はずれだった」と感じた視聴者がこのようなネガティブキーワードで検索しているものと予想されます。

 

原作のタッチとアニメのキャラデザのイメージが違う

原作ファンとしては、「アニメ化するなら原作に忠実に、世界観を表現してほしい!」と思うのは当然です。

『不滅のあなたへ』の世界観や魅力のひとつとなっているのが、主人公のフシの中性的で儚く神性すら感じさせる独特な雰囲気です。

絵のタッチや作品の世界観を前作『聲の形』とは大きく変更し、フシの魅力を引き出すような繊細な絵柄になっていて、作者の画力・表現力の高さがうかがえます。

しかし、残念ながらアニメのキャラデザではフシの儚く消えてしまいそうな雰囲気はあまり表現されていないように感じられます。

原作で登場するフシは、「今にも消えてしまいそう」「儚い」「戸惑い」「不完全」なイメージを読者へ与えます。

アニメに登場する人間の姿になったフシは「一人の少年」といった印象で、原作のキャラクターのイメージとは異なります。

実際に動画を見て比較してみましょう。

・原作の絵柄

・アニメの絵柄

個人的に、「アニメから入ったファンは違和感を感じないレベル」かな、と思いますが、原作の雰囲気が好きな人にとってはやはり微妙に「それじゃない感」を感じてしまう人もいるのかもしれません。

 

キャラクターの声のイメージが違う

これも原作があるアニメあるあるですが、「キャラクターの声が思ってたのと違う」という点もあげられます。

フシの声を担当しているのは、声優の川島零士さんです。

アニメのフシに合わせた「少年らしい」声をしていますが、前述の通り、原作ファンにとってのイメージするフシとは少しずれているのかもしれません。

どんな声をイメージするかは、人によっても変わるため、特に違和感を感じないという方もいるでしょうし、感想については個人差が大きく分かれるポイントとなりそうです。

 

不思議な世界観が意味不明?

主人公は人ではなく、死を超越し「フシ」と呼ばれる存在です。

石やオオカミ、人、記憶したものなら何にでも姿を変えることができます。

人間の感情を知らなかったフシは、人々との出会いやふれあい、別れを経験し、「感情」を手に入れていきます。

善悪の価値観や、好き嫌いの感覚を知るなど、原作の第一部では、フシの成長をメインに描かれています。

物語のあらすじは、漫画もアニメも大きく変わることはありません。

しかし、作品テーマを難しく感じる場合は、原作でもアニメでも「意味不明」と感じることがあるかもしれません。

 

アニメがおもしろいと高評価の意見も

『不滅のあなたへ』のアニメがひどいと感じた人はごく一部で、「おもしろい」「素晴らしい」といった高評価の意見ももちろん多くあります。

原作の世界観やストーリーの面白さに惹かれた人、アニメのクオリティに満足した人、泣かせるストーリー展開に心を掴まれた人など、魅力を感じるポイントはたくさんあります。

『不滅のあなたへ』は2022年秋から第2シリーズの放送が決まっています。

第1シリーズとは、監督も制作会社も変わっているため、第1シリーズとはまた違った世界観・テイストになるかもしれません。

アニメを見るか迷っている方は、第2シリーズの放送前に第1シリーズをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

【不滅のあなたへ】パクリ・打ち切り・つまらないと言われる理由

アニメに限らず、「パクリ」「打ち切り」「つまらない」などネガティブキーワードで検索されることもあるようです。

 

不滅のあなたへがパクリと言われる理由は?

パクリと言われる理由は、「過去作品との類似性」「同時期に連載されていた作品との類似性」などが指摘されています。

しかし、『不滅のあなたへ』の連載が進むと、独特の世界観やストーリー展開が目立つようになるため、パクリ説は自然消滅したものと思われます。

似ていると言われた作品に関しては、別記事に詳しくまとめています。

 

不滅のあなたへが打ち切りと言われた理由は?

先に結論から述べると、『不滅のあなたへ』は打ち切りにはなっていません

第一部「前世編」が終わり、第二部「現世編」への移行期間があったために、一部で打ち切り説がささやかれたようです。

現在連載中の「現世編」は、第一部の「前世編」の続きで、巻数もそのまま第一部が1巻〜12巻、第二部が13巻〜となっています。

コミックスには表表紙と裏表紙に細工が施されています。

»「不滅のあなたへ」表紙一覧と夢を考察!カバーを外した本体に隠された意味とは

 

不滅のあなたへがつまらないと言われる理由は?

『不滅のあなたへ』を読んだり見たりした感想で「つまらない」と感じる人も中にはいるかもしれません。

この作品に限ったことではなく、合う・合わないの観点から「つまらない」と一言で感想を述べる人もいるでしょうし、第一部と第二部では少し作品のテーマが変わっているため「つまらなくなった」と感じることもあるかもしれません。

「面白い」「面白くない」の感想に関しては、個人差が大きいため、一度漫画やアニメを見てみることをおすすめします。

 

まとめ

今回は、『不滅のあなたへ』のアニメがひどいと言われる理由を中心に、指摘されるポイントや、漫画・アニメに共通して言われるパクリ・打ち切り・つまらないなどのネガティブワードに関して情報をまとめました。

この記事を書いている2022年5月時点で、原作の連載は続いており、アニメの第2シリーズの放送も決まっています。

少しでも興味がある方は、一度原作、またはアニメを見てみることをおすすめします!

 

不滅のあなたへを全巻半額でまとめて安く大人買い!無料で5冊読む方法も

続きを見る

-不滅のあなたへ