アニメ マンガ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は百合漫画!カップリングまとめ

推しが武道館いってくれたら死ぬ」は平尾アウリによる連載中の漫画作品。

タイトルとキラキラ系アイドルの表紙だけ見ると、ドルオタの話なのかな…と思ってしまう人が多いこの作品。

「アイドルオタク」というオブラートに包まれているだけで実は普通に百合マンガです

推し武道が百合なポイントとカップリングをまとめました。

 

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」が百合ということについて

アニメ化されたことがきっかけでこの作品を知ったという人も多いはず。

そして、数話見始めたあたりで百合好きな人は気付きますよね。「これは百合なのでは?」と…。

推し武道が百合であるポイントをまとめました。

百合展に出展

推し武道の作家・平尾アウリさんは過去にも百合マンガを描いており、この推し武道でも百合展に出展しています。

なので、周りがこれは百合なのでは?と指摘するまでもなく、作者本人が百合のつもりで作品を描いています。

作品の設定が百合

推し武道の主人公は、えりぴよという女性のドルオタです。

えりぴよが舞菜を全力で推していくラブコメストーリー

そうです、作品の設定がすでに百合なのです。

そして、まきゆめというガチな百合カップルも登場します

 

百合マンガにしてはめずらしいポイント・メンズが大量に出てくる

メンズといってもイケメンとかではなく、みなさんガチンコドルオタ勢なんですが。

百合でよくある「女子しか出てこない」というストーリーではなく、メンズのドルオタ勢が大量に登場し百合感を包みかくすオブラート的な役割を果たしています。

そのため、百合に気付かないまま「面白いアニメだな〜」とのんきに見ている人も、もしかしたらいるかもしれません。

 

推し武道のカップリングまとめ

推し武道にはオブラート的役割であるメンズのドルオタ勢が出てくるため、百合のカップリングはさりげなく散りばめられている程度で普通に見てたら見落とします。ガチなの2人もいますが。

 

えりぴよ×舞菜(トップオタとアイドル)

いうまでもないですが、主人公えりぴよとChamJamメンバーの舞菜のカップルです。
ただ、この2人の関係はファンとアイドルなので恋愛関係になるということは今後もないと思われます。

まき×ゆめり(ガチ百合)

推し武道で1番有名な百合カップルの2人です。お互い支え合っている感じが見ていてほっこりします。

2人のラブエピソードについては別記事でまとめているので気になる人は是非。

 

えりぴよ×あーや(推しても推されてもない気楽な関係)

あーやがバイトしているメイドカフェの常連になってるえりぴよ。

2人の間にときめきは1ミリもないですが、この2人の気楽な関係性もなかなかいいよなと感じます。

 

空音×れお(ChamJam前列組)

最初は意外に感じた2人ですが、空音がれおのパフォーマンスを見たのをきっかけにアイドルになったという話を読んでからは納得です。

空音はファンのガチ恋を誘う営業が上手と言われていますが、れおにだけは空音の方がガチ恋しちゃってるわけです。

 

佳那×りょーちゃん(ステライツの百合カップル)

まだここまでアニメ化されていないのでマンガでしか見ることができないカップリングですが、ステライツの百合カップルもまきゆめに次いで人気が高いです。

最初は百合営業という、あざとい佳那の行動がきっかけで…というのもChamJamにはない闇の部分があってなんか良いです。

 

 

れお×メイちゃん(元同じグループの2人)

れおのライブ本番直前にわざわざ「武道館ライブが決まった」とマウント発言をしてくる、ちょっと性格に難ありなメイちゃん。

今のところ2人の絡みは少ないですが、メイちゃんはれおのことが好きなのでは???この嫌なキャラ設定は好きな気持ちの裏返しなのでは???と勝手に深読みしています。

 

まとめ

推し武道はマンガ・アニメ作品で実は百合もの。

登場人物のカップリングを個人視点で勝手にまとめました。

軽い百合からガチな百合までお好みで楽しんでみてください!

 

推し武道のまきとゆめり(まきゆめ)百合の関係性を解説!性格や特徴も紹介

続きを見る

-アニメ, マンガ
-