王様ランキング

王様ランキング・冥府の国は最後滅亡しデスハーは死亡?2位の理由・強さや能力について

『王様ランキング』に登場する、冥府の国のデスハー王。

見た目や言動からイジワルキャラに感じられる事もありますが、実はかなりの実力者で常識人です。

今回は冥府の国の王・デスハーについて、最後は国が滅亡して死亡するのか?ランキング2位の理由・強さや能力についてまとめていきます!

※ネタバレがありますので注意

 

王様ランキング・冥府の国は滅亡しデスハーは最後死亡する?

『王様ランキング』の冥府の国の王として登場したデスハー。

家来や国民達からも慕われて、ランキング2位という実力者でした。

ボッジをからかうイジワルなところもありながら、常に視野を広く持ち、冷静に物事を判断する立派な王様でした。

しかし、第一部の後半では冥府の国は滅びています。デスハーの死亡・生存は不明なものの失踪してしまい行方不明となります。

 

冥府の国滅亡の理由はランキング

突如としてデスハー失踪・冥府の国が滅びたとされ動揺が隠せません。

デスハーが行方不明になり、国が滅亡した理由を見ていきましょう。

 

ランキング1位に昇格?

ランキング1位の座が空いているため、繰り上げ昇格で1位になることをデスハーに勧めるランキング協会

元々、デスハーは1位になることに乗り気ではなかったようです。

その理由は定かではありませんが、歴代1位になった王たちは気がふれておかしくなるか、行方不明になり国が滅びているということを知っていたからかもしれません。

しかし、弟オウケンを助けるすべがなくなってしまったことを聞くと考えを変え、1位になった王だけが入ることが許される宝物庫へと足を運びます。

 

冥府の国が滅びた理由

デスハーが、弟オウケンを助ける方法を見つけるために1位になることを承諾し、宝物庫へ入りました。

そこで目についたのは、歴代の王が皆必ず選ぶという宝物です。

デスハーもその宝に魅了されてしまいます。

そのままデスハーが王国に戻ることはなく、行方がわからなくなったことがきっかけで冥府の国は滅びてしまったのでした

 

デスハーがランキング2位の理由

デスハー王がランキング2位だった理由については、王自身の強さはもちろんのこと、最強騎士団といわれる冥府騎士団の存在が大きかったと考えられます。

加えて、町は豊で賑わっていて、国民達からも慕われていました。

少しひねくれたところもあったデスハーですが力も統率力も高く、勤勉で、民を思いやる心ももっているところが高く評価された結果が2位という順位でした。

 

デスハー強さや能力について

2位になるだけあり、デスハー自身の強さも並大抵のものではありませんでした。

ボッスが生きていれば一騎打ちになったはずだと語るデスハーは、ボッス国四天王の一人であるドーマスを一瞬で負かしています。

ボッスは強さだけなら1位と言われるほど最強だったので、ボッスと同レベルの強さと考えるとデスハーの強さがわかります。

 

弟のデスパーとは遠隔で話すことができ、デスパーが指定した場所にむかって雷を槍のようにして投げることができます。

他にも呪いがかかっている者を見分けることができる目を持っています。

強さはデスハー自身の努力の結果ですが、魔術のようなものが使えるのは父親サトゥンの力を引き継いでいるのかもしれません。

 

デスハーは最後どうなった?

デスハーは最後、失踪して行方不明になって第一部が完結しています。

あまりにもあっけない冥府の国の終わりに驚きましたが、第二部では、デスパーと人間に戻ったオウケンが行方不明のデスハーを探すという物語が描かれています

ボッジは旅の途中でデスハーによく似た人を見かけますが、その人は廃人のようになっていてボッジとカゲが知っているデスハーとは別人だろうとそのまま声をかけずに通り過ぎてしまいます。

デスハー王を通じて、王様ランキング1位の謎が描かれていくのかもしれません!

 

まとめ

今回はデスハー王の衝撃の終わりと、2位の理由、強さなどについてまとめました。

総合的な能力や国民からの信頼度で2位と高く評価されていたデスハーですが、1位になることを承諾し宝物庫に入ったことをきっかけに国が滅亡してしまいます。

とても気になる展開ですが、続きは第二部で描かれていくのでマンガの展開を見守りましょう!

 

 

-王様ランキング