うる星やつら

うる星やつら・テンちゃんとラムの関係は?方言や年齢・母親についても

『うる星やつら』に登場する宇宙人のテンちゃん。

虎縞のおむつに一本角の幼児で、主人公・諸星あたるの家に居候しています。

この記事では、テンちゃんとラムの関係や、テンちゃんの方言・年齢・性格などプロフィールと母親についてまとめます。

 

【うる星やつら】テンちゃんとラムの関係は?

 

『うる星やつら』に登場する鬼族の宇宙人・テンちゃんはラムのいとこです。

ラムがあたるに惚れて地球に住むと聞いて、「ラムちゃん1人じゃ心配や」と地球へやってきました。

そして、ラムと一緒に諸星家の居候になります。

まだ幼児で幼いテンちゃんを寝かしつけたり、遊びに付き合ったり、ラムはテンちゃんをとてもかわいがっています。

あたるはテンちゃんに対して当たりが強いものの、お風呂上がりのテンちゃんの髪をドライヤーで乾かしてあげるなど世話を焼く場面も。

 

テンちゃんの方言は関西弁?

テンちゃんは登場時からずっと関西弁で喋ります。

関西弁の中でも「河内弁」と呼ばれるキツめの関西弁です。

「ワレ」「ワイ」などこってりな関西弁ですが、それがテンちゃんの可愛らしい見た目とのギャップでキャラの個性になっています。

ラムの生まれ故郷である「うる星(ラム星・鬼星)」に住む鬼族の宇宙人は関西弁で話すキャラクターが多く、ラムの父親もテンちゃんと同じように関西弁で話します。

鬼族ではないものの、ラムの幼なじみのランちゃんもキレると同じように関西弁になります。

 

テンちゃんの年齢や性格などプロフィール

テンちゃんの基本情報をまとめます。

  • 声優:杉山佳寿子
  • 年齢:不明(幼児)
  • 鬼族
  • 虎縞パンツに一本角がトレードマーク
  • 愛称:テン・テンちゃん・ジャリテン

 

テンちゃんの年齢は?

テンちゃんの具体的な年齢は明らかになっていません。

幼稚園児にモテていたり、同じ年頃の金太郎と仲良くなったりしていることから、テンちゃんも同年代の3〜5歳くらいと推測されます。

鬼族の幼児ですが、ラムを追いかけて1人で地球へやってきたり、地球語もマスターしていたりと大人びたところがあります。

好みのタイプもサクラ先生のような大人な女性で、同年代の幼稚園児には興味がありません。

 

テンちゃんの性格

テンちゃんの素の性格は、口が悪くイタズラ好きで女好きです。(女好きはあたるの影響も大きい)

気が強く、あたるとはいつも家の中で喧嘩をしています。

女性の前では、大人しい幼児を演じで可愛がられるあざとさも持っています。

かまってちゃんな所があり、あたるの教室へ行っては授業の邪魔をすることも多い邪魔カワイイキャラクターです。

サクラ先生に惚れていて、デートに誘ってプロポーズをするもフラれています。

 

テンちゃんの能力

テンちゃんは、ラムと違い電撃ではなく口から火を吹く能力を持っています。

その火力は火炎放射器並で、幾度となくあたると丸焦げにしています。

ラムと同様に飛行能力も持っていますが、飛ぶスピードが亀よりも遅いことを気にしており、早く飛ぶことに憧れています。

急いで移動するときはアヒルのオマル型の小型飛行艇を使用します。

 

テンちゃんの口癖・名言

テンちゃんはかまってちゃんでイタズラや遊びが大好きなので、退屈するとすぐに「つまらん」とつぶやき、あたるにちょっかいを出して喧嘩になります。

 

あたるに負けず、女好きで好みのお姉ちゃんを見つけるとかわいい幼児アピールで相手に近づき甘えん坊になるテンちゃん。

 

 

テンちゃんの初登場回は?

原作は7巻で初登場するのに対し、アニメ第1シーズンの第3話「宇宙ゆうびんテンちゃん到着!」で初登場します。

初登場後はメインキャラクターの1人として、ドタバタの原因を作ったり、ドタバタに巻き込まれたりと楽しませてくれます。

 

テンちゃんの母親について

テンちゃんには、仕事で留守がちな母親がいます。

母の職業は「火消し」で、放火魔をどつき回して大火事を消すことに生きがいを感じる豪快な性格をしています。

テンちゃんはそんな母親が苦手で、母親の前では緊張するため、母親から離れて暮らすことも地球へやってきた理由の一つになっています。

火消しが趣味(?)の母親を前に、所構わず火を吐くテンちゃんは少し緊張してしまうようです。

母親は二本角だが、テンちゃんは大人になっても一本角であることが作者によって明かされています。

 

まとめ

今回は、『うる星やつら』のメインキャラクターの一人、テンちゃんについてまとめました。

あたるとは喧嘩仲間で何かと小競り合いをしていますが、愛らしいフォルムとギャップのある口の悪さが人気のポイントです。

アニメでは3話から登場し、数多くの回でドタバタを巻き起こしたり、たまに感動させてくれたりと楽しませてくれます!

 

-うる星やつら