アニメ

【竜とそばかすの姫】クリオネ(天使)の正体と伏線まとめ!シーン・セリフ考察も

「竜とそばかすの姫」に登場する冠をつけたクリオネのAz(アズ・アバター)は度々ベルの前や竜のそばに姿を表します。

物語の中でも重要な役割のクリオネですが、正体が誰なのかはっきりとしたシーンはありませんでした。

今回は、天使と呼ばれるクリオネのアズの正体は誰だったのか?について解説していきます。

※完全にネタバレなのでまだ見ていない人はご注意ください。

 

【竜とそばかすの姫】天使と呼ばれるクリオネの正体は誰?

物語の中で、天使と呼ばれるクリオネのアズ(アバター)の正体が誰なのかは名言されませんでした。

しかし、話の流れから天使の正体はケイくんの弟・トモくんであるということがわかります

「竜とそばかすの姫」で主人公すずが仮想世界「U」に初めて入って歌を歌ったとき、一人だけ優しい声をかけてくれたAz(アズ)が天使と呼ばれる王冠をかぶったクリオネの姿のアバターでした。

天使は「きみはきれい。きみはすてき」と声をかけ、ベルの一人目のフォロワーになります。

映画の最後に現実世界ですずがケイくんとトモくんに会いに行ったときに、天使と同じセリフをトモくんはすずに言っています。

 

竜とクリオネの関係は兄弟

Uの世界で無敵状態だった竜に勝ったことがあるクリオネ。

クリオネの正体はトモくんで、トモくんの兄・ケイくんが竜の正体です。

2人は兄弟なので、兄のケイくんが弟のために手加減して試合に負けてあげた様子も想像できます。

また、竜がクリオネを優しく手のひらに包み込むシーンなどからも、竜はクリオネを守っているという2人の関係性が表現されています。

 

けいくんの弟・ともくんのアズがクリオネ(天使)だとわかるシーン・伏線

ポイント

竜の正体=けいくん

天使の正体=ともくん

天使の正体がともくんと確定するのは、ベルが竜のためにだけ作った曲をともくんが知っていたYou Tubeのライブ配信のシーンです。

そのことがきっかけで、すずは竜の正体に気が付くことができました。

天使がともくんであるという伏線のまとめ

  • 天使はベルの最初のファン
  • ベルが歌うと必ず竜が現れる
  • 竜の居場所を知っていた
  • 竜が天使を守っていた
  • 竜に勝てた天使

天使はベルの最初のファン

天使はベルの最初のファンで、トモくんもベルのファンでした。

物語の冒頭とクライマックスで天使とトモくんは同じセリフ「きみはきれい。きみはすてき」と、すず(ベル)に向かって言います。

 

ベルが歌うと必ず竜が現れる

弟のともくん(天使)がベルのファンなので、兄であるけいくん(竜)はベルのいる場所に現れます。

最初にベルが竜と会った大規模なコンサートの日は、自警団に追われてしまい結果的にコンサートを中止させてしまう事態になりました。

 

竜の居場所を知っていた

誰にもわからなかった竜の居場所にベルを案内してくれたのは天使でした。

そして、天使は竜のお城でバラを育てています。

 

竜が天使を守っていた

竜がベルに怒鳴り声を上げたときに天使が逃げようとすると竜は優しく天使を手のひらに包み込み、天使を守るような仕草をみせました。

いつもの荒々しい竜の姿ではなく、一人の弟を必死に守ろうとする竜の少年のやさしい心にベルが気付いた瞬間でした。

 

竜に勝てた天使

竜の正体探しをしているときに、世界で3人だけ竜に勝利したというアズのなかに天使が入っていました

 

クリオネ(天使)が竜に勝てた理由は?

けいくんは弟にかっこいい兄の姿を見せるため竜の姿で戦い続けていました。

兄である優しさからおそらく竜が負けてあげたのではないでしょうか。

 

ともくんのAz(アズ)がクリオネだったのはなぜ?

「U」はアズを作るときにボディシェアリング機能でその人の隠れた能力を無理やり引っ張り出すことができます。

トモくんが冠をつけたクリオネの姿だったのは、天使が持つ「きよらかな人」という意味から「海の天使」と呼ばれるクリオネの姿が選ばれたのではないでしょうか。

ケイくんが一身に傷を受け、弟のトモくんを守り続けた現実での出来事が、背中にアザのある竜と冠をつけたクリオネのアズの姿に反映されています。

 

まとめ

今回は冠をつけたクリオネ・天使の正体は誰なのか?について解説しました。

ケイくんが必死に弟のトモくんを守り続けた結果が、トモくんの清らかな心を保ちそれが天使と呼ばれるクリオネの姿に反映されているということがわかりました。

ケイくんにもトモくんにも、幸せになってくれることを切に願います!

 

-アニメ
-