さんかく窓の外側は夜

さんかく窓の外側は夜・冷川の過去や三角との関係は?能力についても

『さんかく窓の外側は夜』の主人公・三角のパートナーの冷川理人はどこか掴めない性格をしていて過去のことをあまり話そうとしません。

冷川の過去が明らかになるのは物語の後半です。

今回は冷川の過去や三角との関係、能力や身長・年齢についてまとめていきます。

※ネタバレが含まれます。

【さんかく窓の外側は夜】冷川の過去とは?

冷川理人(ひやかわりひと)は、宗教法人「掌光会」の初代教祖・冷川塔子(ひやかわとうこ)の子供として生まれました

 

子供の頃は宗教施設の地下にほぼ監禁状態で外に出してもらえることはほとんどなく、生まれつきの霊感の強さを大人たちに利用され、信者達からは大掌様と呼ばれていました

掌光会は人助けと称して、子供の理人に会いに来た人たちの除霊をして信者を増やしていきます。

母親の塔子は子供に会おうとせず距離を置き、理人の世話係も「大掌様に母親はいない」と言い理人は孤独な子供時代を送っていました。

 

理人の前に呪いを受けた信者が理人に救いを求めて現れたのが転機となります。

呪いを利用してその信者を殺してしまった理人は、呪いを使うと今までと違った力を得ることができることを知り、長年閉じ込められてきた無知で純粋な気持ちから大人たちを黙らせる行動に出てしまいます。

結果的に施設内にいた大人たちは母親を含め全員死亡し、その中で一人生きていた理人は、近隣住民の苦情から踏み込んできた刑事・半澤に発見されて警察に保護されました。

呪いの力を使って大人たちを殺したのは理人ですが、霊力を科学的に証明することができないため理人は保護観察のみで罪に問われることはありませんでした。

 

その後、教育を受けて自立した冷川ですが、子供の頃の経験は消えず掴みどころのない性格やあまり他人の痛みを理解できない一面を残したまま大人になっています

 

冷川と三角は恋人関係?

三角康介(みかどこうすけ)と冷川は除霊の仕事をする際のパートナーです。

三角と冷川は仕事上のパートナーで、それ以上の関係にはなっていませんが、他の人が踏み込めない特別な関係性を築いています。

三角は元々女性が好きなこと、冷川に関しては特殊な過去からあまり他人に恋愛感情を抱くタイプではないことから2人の関係は恋愛関係に発展するには時間がかかりそうです。

しかし、特別な関係であることは間違いないということや、除霊をする際に冷川が三角の魂に触れるという行為が三角にとってはかなり気持ちのいいこととされていることから仕事のパートナー以上恋人未満といった関係が現状です。

 

霊力やネットで得た情報を元に除霊をする冷川と、冷川よりも霊が良く見える三角の能力をあわせることでより楽に強力な除霊をすることができます。

冷川の助手として行動する三角ですが、次第に冷川の除霊を見様見真似で三角自身もできるようになります。

 

冷川の能力や身長・年齢について

冷川の能力や身長・年齢などの基本情報についてまとめていきます。

冷川の能力

冷川は霊を見ることができ、声を聞くこともできます。また、幽体離脱を自在に操り自分の体から離れることも可能です。

見ることに特化した三角の能力よりは視覚に関しては劣ると発言していますが、耳に関しては三角よりも上で、霊の話す声や内容を聞き取ることができます。

自分の力を利用して霊をぶん投げるという力技で除霊をしていきます

元々一人で行っていた除霊でしたが、三角と出会うことで三角の体を媒体にして除霊を行うようになります。

三角を通すことで疲労が少なく、簡単に除霊が済むようになると冷川は三角を自分の運命の相手と語っています。

(その後、三角の体質が冷川と同じように霊力をもつ能力者達にとって惹かれる特殊な体質ということが判明します)

物件鑑定・特種清掃『COOLEAN』を営み、冷川は元々生まれつき持っていた霊力とネットで調べた除霊に関する知識を使って除霊の仕事や刑事からの未解決事件の捜査依頼などを受けています。

 

身長や年齢について

作中の会話で明らかになる冷川の身長は186cmでかなりの高身長で、顔も整っていることから三角には「宝の持ち腐れ」と言われています。

年齢については、作中ではっきりした表現は出てこないものの31歳という情報がネット上で公開されています。

三角は24歳で年の差的にも30代前半であることは間違いなさそうです。

度々、三角にお金のことをシビアに話すシーンが出てくることや、作者のTwitter情報から守銭奴でお金に細かい性格をしていることが明らかになっています。

 

まとめ

今回は冷川理人の過去や三角との関係、能力や身長・年齢のプロフィールについてまとめました。

冷川の過去は物語の中でもかなり重要なポイントとなっています。

劣悪な子供時代を過ごしたことから、どこか人間味に欠けた性格をしている冷川ですが、冷川自身のトラウマ脱却なども物語後半では描かれていて、さらに三角との関係を深めるきっかけとなっています。

 

-さんかく窓の外側は夜
-