うる星やつら

うる星やつら最終回マンガ・アニメと映画の結末は?キスやしのぶの関係・打ち切り説も

『うる星やつら』は、マンガが1978年から1987年にかけて連載され全34巻、アニメが1981年から1986年にかけて放送された今でも人気のある長寿作品です。

マンガ、TVアニメの他に、OVAや映画も作られています。

今回は、『うる星やつら』の最終回のそれぞれの内容や違いをまとめて解説し、あたるとラムの関係・しのぶとの関係にも触れていきます!

 

【うる星やつら】最終回はどうなった?

「連載・放送当時に見ていたけど最終回を忘れた。」「途中までで最終回を知らない。」「キャラクターは知っているが、とりあえず結末がどうなったか知りたい。」というような方は多いのではないでしょうか?

マンガ・アニメ共に話数が3桁ある作品は、内容を最終回まで把握するのはなかなか大変です。

今回は、さくっと最終回の結末を軽く把握しておきたい方のために解説していきます。

 

マンガの結末・最終回の解説


マンガは全34巻で約9年間連載が続きました。

初期から中期・後期とキャラクターの特徴や世界観も少しずつ変化し、当然ながら主人公あたると、ヒロインラムとの関係にも変化がありました。

 

マンガの最終回では、「ルパ」というあたるのライバルになる宇宙人が登場し、ラムをさらってしまいます。

「暗闇に引き込まれる怖い夢を見た」とラムに相談されたあたるでしたが、真剣に話を聞かず他の女の子をナンパしながらいつもの調子で過ごしていました。

ラムが、闇の住人たちの星からやってきたルパにさらわれて、あたるはことの重大さにやっと気付きました。

ラムを連れ戻すために、あとを追いかけるあたるですが、ラムを目の前にすると素直になれないあたるが原因で、二人の気持ちはすれ違ってしまいます。

ラムとあたるの出会いは、地球の運命をかけた鬼ごっこでしたが、最終回で再び二人は地球の運命をかけて鬼ごっこをすることになります。

あたるの勝利の条件は、ラムを捕まえて「好きだ」ということ。

どんな形であれ、あたるの口から「好きだ」と言ってほしいラムと、頑なに「好きだ」と言わないあたるの鬼ごっこの行方はーー?

 

ルパという新しいライバルの登場がきっかけではありますが、最終回でも結局あたるとラムのドタバタラブコメディの展開が描かれたのがマンガの結末です。

 

アニメの結末・最終回の解説


アニメは全218話あり、マンガの結末を待たずに最終回を迎えました。

マンガでは最初はしのぶがヒロインでしたが、アニメでは最初からラムがヒロインの立場で登場します。

 

アニメは、マンガ原作のストーリーと、アニメオリジナルストーリーの話が混在しています。

そのため、度々前後の話がつながっていなかったり、話のオチがなかったりします。

明らかに製作が追いつかなかったであろう回想回(過去の映像の使いまわし)も何度か放送されました。

原作ファンの間では酷評されることも少なくない、テレビアニメではありましたが、アニメをきっかけにラムちゃんのファンになった!という人も多く、作品自体はマンガ同様に人気があります。

 

そんな賛否両論わかれるアニメの最終回は、「キャラクター全員集合!」という、ストーリーの中身のない結末で締めくくられています。

約6年弱続いたアニメに登場した過去のキャラクター達すべてがお祭り騒ぎで登場し、なんだかよくわからないままに終わります

 

当時はSNSなどがない時代でしたが、今だったら炎上必至の最終回で、案の定あまり評判はよくなかったようです。

そんなことがあったからか(?)、その後劇場版という形でマンガの最終回にそった内容がアニメ化されています。

 

うる星やつら完結篇・映画の結末は?


マンガの最終章「ボーイミーツガール」をほぼ忠実にアニメ映画化したのが「うる星やつら 完結篇」です。

あらすじは、マンガの最終回とほぼ同じで、闇の世界からやってきたルパがラムをさらってしまう内容です。

「好き」と言う・言わないで鬼ごっこをするあたるとラムでしたが、

結局あたるは「好きだ」とは言わずじまいでした。

 

ラム「一生かかっても言わせてみせるっちゃ」

あたる「いまわの際に言ってやる」

このセリフに二人の関係性がギュッと込められているような気がします。

 

最終回であたるとラムのキスシーンはある?

問題作と言われるTVアニメの『うる星やつら』の最終回では、ただひたすらに過去のキャラクター達が全員集合しますが、そんな中、二人きりになったタイミングであたるがラムにキスをするシーンが登場します。

ここは完全に視聴者に向けたサービスシーンだと受け取れますが、ほぼ内容のない最終回の全員集合で、二人きりになったとは言え、それまで必死にラムから逃げていたあたるが、ラムに積極的にキスをするのは違和感があります。

なんだか無理やりで、やっつけ仕事な印象すら与えます。

2022年から放送される令和版・うる星やつらのアニメでは、原作・アニメファン共に納得の内容になるといいですね。

 

最終回のあたるとしのぶの関係は?

マンガの初期ではヒロインとして登場したしのぶでしたが、マンガ・アニメ共に後半になればなるほどあたるとの関係は冷めていき、ただのクラスメイトの関係に落ち着きます。

これは最終回に限ったことではなく、面堂終太郎の登場をきっかけにしのぶは心変わりをしているため、最終回でも特に復縁することなくクラスメイトの関係です。

しのぶは、あたるとラムの関係を陰ながら見守るような素振りも見せているため、あたるに未練はないと思われます。

「最初はヒロインだったのにかわいそう…」と言われることもあるしのぶですが、天性の女好きであるあたるから離れられて結果的に良かったのではないかと個人的には感じるのと、しのぶにはしのぶに新しい相手(因幡くん)が現れているので、因幡くんと幸せになっていてほしいなと願います。

 

 

うる星やつらの打ち切り説とは

「うる星やつら打ち切り説」は、一部で評判の良くなかったテレビアニメに関して言われています。

原作が続いているのにアニメが終わってしまったことはもちろん、アニメオリジナルストーリーで制作するにしても陳腐な内容だったことから抗議が殺到しました。

「マンガが続いているのに勝手に主役二人の関係性を決めるわけにもいかなかったから」、という大人の事情も伺えますが、ファンが署名を集め、原作に忠実な劇場版が作成されるまでに至りました。

オールスター大集合で結末を迎えたテレビアニメ「うる星やつら」。

懐かしいキャラクターを再び見れて嬉しかったファンもいるはずですが、結果的には「打ち切り説」が浮上する事態となってしまいました。

 

うる星やつら最終回についてのまとめ

マンガ版うる星やつらと、アニメ版うる星やつらでは最終回の内容がことなることについてまとめました。

マンガの内容に忠実なアニメの最終回が見たい!という場合は、劇場版の完結篇を見ましょう。

TVアニメとは作画やキャラクターデザインが変更されているため、TVアニメシリーズの流れで完結篇を見るともしかしたら違和感を感じることがあるかもしれません。

TVアニメの最終回も、それはそれで楽しめるため、内容を見比べてみるのも楽しいかもしれませんね!

 

うる星やつらマンガ最安値比較!全巻電子書籍で安く読む方法やレンタルがおすすめ

続きを見る

-うる星やつら