マンガ

私の正しいお兄ちゃん・2巻を無料で読む方法!あらすじをネタバレ解説

兄がすでに死んでいるかもしれないと聞かされて、ショックを受ける理世。

海利の温もりに救われて、殺人犯の海利を受け入れるという決意をした矢先

海利が殺したのは兄・マサキということに理世が気付いてしまいーー

という、超気になるところで1巻が終わっていました…。

 

今回は、『私の正しいお兄ちゃん』の2巻を無料で読む方法と、2巻のあらすじをネタバレで解説していきます。

 

【私の正しいお兄ちゃん】2巻を無料で読む方法!

 

私の正しいお兄ちゃん、2巻を無料で読む方法はある?

 

無料体験サービスを利用すれば無料で読むことができるよ!

 

全4巻で完結している『私の正しいお兄ちゃん』はミステリー・純愛ストーリー作品です。

電子マンガで買う場合、1冊420円で購入できます。

無料体験でもらえるポイント(1ポイント=1円)を使って、『私の正しいお兄ちゃん』を無料で読む方法をご紹介します。

 

各サイトの無料お試し体験を利用することで、電子書籍を無料で読むことができます。

サービス名 無料お試し期間 無料で読める冊数 もらえるポイント
コミック.jp 30日間 2冊無料 1,200
FODプレミアム 2週間 2冊無料 900
U-NEXT 31日間 1冊無料 600
music.jp 30日間 1冊無料 600

※2022年1月の情報

お試し期間中に解約すれば、料金は一切掛かりません

上記のサイトであれば、1冊〜3冊無料で読むことができます。

2021年10月から実写のFODオリジナルドラマが配信されるため、FODプレミアムならマンガもドラマも楽しむことができます。

 

おすすめは2冊無料で読むことができるコミック.jpです。

»コミック.jpの無料体験はこちら

また、『私の正しいお兄ちゃん』を全巻無料で読む方法と安く購入する方法はこちらの記事で解説しています。

 私の正しいお兄ちゃん・無料で全巻読む方法と半額で安く買う方法を解説!

 

 

【私の正しいお兄ちゃん】2巻のあらすじをネタバレ解説

海利(かいり)が殺したのが自分の兄・マサキだということを知ってしまった理世(りぜ)。

海利を確実に捕まえて罪を償わせるためには、証拠を集めて逃げられないようにしてから、お兄ちゃんを殺したことを直接問い詰める……!

そう決めた理世は、必至に感情を押し殺しながら海利との時間を過ごします。

 

そうとは知らない海利は、「理世のことをもっと知りたい」と言い、理世との距離を縮めてきます。

お兄ちゃんを殺した海利のことを憎んでいるはずなのに、ドキドキしてしまう理世。

海利に惹かれる気持ちを捨てきれない自分を律するために、もっと海利を憎まなければ…と自分に言い聞かせます。

 

優等生だった海利の高校生時代の過去が語られ、家族と疎遠になったのは父親が自分の学校の先生を強姦した事件がきっかけだということが明らかになります。

海利も心に大きなキズとトラウマを持っていたのでした。

 

我慢ができなくなり、ついに理世は「海利さんはどうしてその人を殺したんですか?」と問い詰めてしまいます。

知らないほうが良い・嫌われたくないと言う海利。

 

理世に握られた手の温もりから、「理世ちゃんなら知ってもそばにいてくれるかもしれない」と、事件の詳細を話し出します。

 

父親の起こした事件をきっかけに、学校へ行かなくなった海利は飲み屋で働くようになり、そこでマサキと知り合います。

海利の家に入り浸るほど、距離の縮まったようにみえたマサキと海利。

 

ある日、いつもより帰宅が早まった海利が玄関をあけると、そこにはボロボロになって気を失っている女性を犯そうとしているマサキの姿がありました。

咎める海利に対してマサキは「オレは親父の子供だからどうせクズなんだよ」と開き直ります。

しまいには「お前だってお前の親父と同じだよ」と海利の傷をエグるような発言をし全く悪びれる様子のないマサキ。

海利は「こんな人間は死んだほうがいい」とマサキを殺害してしまったのでした。

私の正しいお兄ちゃん・殺された理由やマサキの死因は?理世兄妹の過去についても

 

犯行の一部始終を聞かされた理世は、自分の知っている兄との違いに動揺を隠せず、その話を信じることができません。

お兄ちゃんを信じるために、警官の立花さんに「お兄ちゃんのことを詳しく調べてほしい」と頼みます。

 

海利は姿を消し、逃げたんだ!とショックを受ける理世。

心の底では「一緒にいる」と約束してくれた海利が、いなくなるわけないと信じていたことに気が付き、置いていかれたと涙を流します。

 

その後、立花さんから兄の写真と情報を知らされた理世は、海利さんの話が嘘ではなかったと確信します。

理世は自分が想像していたお兄ちゃんは初めからどこにもいなかったと絶望し、なにも悪くない人を傷つける人は私のお兄ちゃんじゃない

むしろ、そんな人と関わって人を殺してしまった海利さんが可哀想と、海利を裏切ろうとしていたことを後悔します。

 

自分が信じていたお兄ちゃんはどこにもいなかったこと、海利さんも自分を置いて逃げてしまったと孤独を感じる理世のもとに、海利から連絡が入ります。

 

海利は理世に信じてもらうために、危険を顧みず地元に戻り「マサキが本物の悪だった」という証言を何人もの人たちからとってきて理世に聞かせました。

 

「理世ちゃんは居てくれるだけでいい」と少し寂しそうに笑う海利。

理世は泣きながら海利に抱きついて、ごめんなさいの気持ちを込めてキスをします。

 

2巻を読んだ感想

1巻の内容も重かったですが、2巻も更に重く暗い展開となりました。

海利の理世に対する気持ちが切なく、理世の兄に対する幻想が打ち砕かれていく様が悲しかったです。

 

最後は、海利の一緒に居たいという気持ちと、自分の気持ちを認めて海利に抱きついた理世でしたが…

根本的な問題は何一つ解決せず(汗)

 

それどころか、自分の兄を殺したと知りながらその犯人海利にガチ恋しちゃった理世ちゃん。

3巻の展開も気になりますね…!!

 

まとめ

今回は『私の正しいお兄ちゃん』2巻を無料で読む方法と、2巻のあらすじをネタバレ解説しました。

無料体験のサービスを上手に活用すれば、2巻だけでなく全巻無料で読むことも可能です。

『私の正しいお兄ちゃん』は全4巻で完結しているので、続きが気になるっっ!という方はおトクに完結までイッキ読みしちゃいましょう。

 

おすすめは2冊無料で読むことができるコミック.jpです。

»コミック.jpの無料体験はこちら

 

私の正しいお兄ちゃん・無料で全巻読む方法と半額で安く買う方法を解説!

 

-マンガ
-